製造が盛ん

起業するときの第一歩に最適です

日本は「モノづくりの国」と言われることがある程、製造業が盛んな国です。モノづくりと聞くと国内は勿論、国外でも著名な大企業を思い浮かべる人は多いでしょうが、製造に携わる企業は中小企業が多いのが実情です。こうした中小企業は大企業よりも資本規模が小さいので、製造の現場では自社の工場用地を賃貸で利用している場合が多くみられます。こうした物件を貸工場として取引されています。 製造分野で起業するするために十分な技術力はあり、取引先の見込みがあってもまずは製品を作らなければ話になりません。起業資金は重要ですから投下先の厳選しなければなりません。貸工場は安価で利用が可能ですから、まず短期的に貸工場を利用して業務拡大と共に移転することで起業はスムーズに進むことでしょう。

貸工場も不動産の一つです

不動産はその場所に何の指標がなくても誰かの所有物です。ただの広場と思って幼少期に遊び場にしていた土地が、いつの間にか何かの建築物が建設されて遊べなくなったという経験をした人は多いでしょうが、こうした事案は所有者が不動産の有効活用として利用した結果と言えます。 不動産は売却すれば当然所有権を失うため、不動産の有効活用としてアパートやマンション経営等は人気があります。しかし、こうした賃貸経営は市街地でないと入居者が少なく、また初期費用も高額で長期的な事業になる傾向があります。貸工場は初期投資が比較的少額で住宅地でない土地の有効利用として人気がありますが、結局は不動産物件ですから、利用するための相場はその地域の不動産相場に準じていて最低でも数十万円程度が必要です。